うちなら価格、要チェック

うちなら価格、要チェック

よくあるのが、「うちなら価格」ですね。
中古車の査定を進める時に「いまなら」「うちなら」「私なら」のバリエーションがありますが、まさにコテコテの営業トークです。
あと、「どこでも同じですよ」の畳み掛けもあります。どこも同じなら別に他社の見積りを取っても問題ないはずです。

 

というわけで、もう1社いきましょう。実車査定には時間がかかりますが、1日1社でも2社くらいはいけますよね。

 

きちんと比較して、納得がいく価格を提示してきた会社を選択すると良いでしょう。
車の査定は効率的に行いたいものですが、その流れとしては、第一に一括査定サイトなどを使って、
いくつかの中古車買取業者へ査定を申し込んだ後、絞り込んだ数カ所へ現物査定をしてもらうのをオススメします。

 

買取業者をそこから一社決定し、ようやく売買契約、となります。その後、後で代金を受け取ることになり、
ケースとして多いのは口座に振り込まれる流れですが、経営規模が中程度以下の中古車買取業者に車を買い取ってもらう時には、
念のため、口座に振り込んでもらうのではなく、現金の取引の方がいいでしょう。

 

需要が高く、人気のあるクルマを売却する際には、買取でも十分な査定額を提示してもらえます。

 

具体的に言うと、ホンダのN−BOXやトヨタのプリウス、日産のセレナといった車種は買取でも人気のある車種です。
とはいえ、購入した時は人気のあった車でも、買取をお願いした時には既に、人気が落ちているような場合、価値が反転して高額買取は見込めないでしょう。

 

エスティマ10万キロ