エスティマ 10万キロ 査定

エスティマ 10万キロ 査定、3代目なら高査定も期待大

人気のエスティマ仮に10万キロでも査定OK!!さらに3代目なら高査定も期待大

 

エスティマに乗ってます。2004年式ですので当然ですが10万キロ超えてます。正式には10万6千キロぐらいです。こんな過走行で古いエスティマでも買い取ってくれる業者はあるでしょうか?

もちろんあります。というか2004年式で10万6千キロならそんなに多いとは思いませんし、まだまだエンジンはしっかりしてるはずです。

 

ズバット車買取比較は大手を含む150社以上の車買取業者から、最大10社に一括で査定依頼が可能。参加してる企業はガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、ジャックウッドストック、ビックモーター、ハナテン、カーリンク・・・と有名どころが多いのが特徴です。

↓ 無 料 ↓

 

 

本来ミニバンは、その車の大きさや重量から、一般的には燃費には期待できませんでしたが、エスティマハイブリッドの登場でミニバンの弱点である燃費の悪さの印象もだいぶ変わりました。

 

エスティマも初代モデルの卵型のボディスタイルに皆さん度肝を抜かれましたが、
現行型は3代目に入ります。

 

当然買取査定で高査定が望めるのは3代目になりまして、聞くところによれば10万キロ越えの中古車エスティマハイブリッドでも、程度によっては200万円越えもあると聞きます。

 

もともと内装には定評のある車でしたし、意外に広い室内空間が、さらに3列目が床下格納になることで、
さらに広く使うことが出来るのも魅力です。

 

中古車市場での人気も高いので、高値売却が期待できる車種であることには間違いありません。

 

ただ実際に手放す場合は、下取りでもかなり高い値段は期待できますが、
しかしディーラーは、下取りした車の大半は、そのまま買取業者に流すことが多いので、
もしかしたら買い取り専門の業者に査定してもらう方が高確率で高く売却できることの方が多いのも事実です。

 

決めるのはあなた自身ですが、さらにもっと工夫すれば、
最大限高く売却することも可能になります。

 

 

 

 

車査定の独り言・・・

 

古い年式のものや状態の悪い車の処分を考えた場合、残念ながら査定額がつかない場合ももちろんあります。
発売から10年以上経過し、長距離の走行が認められたもの、改造車、劣化の激しい車、故障車、事故車などは値段がつかないものが大半です。
しかし、業者によってはこうした車を専門に取り扱ってくれる業者があります。
状態の悪い車の処分をお考えの方は専門の業者に連絡するのが良い方法だと言えます。

 

エスティマ10万キロ